ウィークリーホテル小倉|北九州市小倉の格安宿泊ホテル|よくあるホテルのトラブル3つ対処と方法

北九州メディアドーム まで徒歩わずか3分!小倉駅までお車で6分!北九州総合体育館までお車で15分!
三萩野庭球場まで徒歩3分!大会・合宿等の宿泊先にどうぞ!

TEL: 093-383-5500
FAX: 093-383-5501

〒802-0016 福岡県北九州市
小倉北区宇佐町2-11-22

Check-in 17:00 / Check-out 10:00

よくあるホテルのトラブル3つ対処と方法


ホテルに多いトラブルとは

ホテルのトラブルには、代表的なものが3つあります。予約がない(No reservation)、部屋がない(Overbook)、追加請求(Double charges)です。トラブルの原因は、ホテル側のオペレーションや、チェックする人間にあるケースがほぼ全てです。どんなトラブルがあるか知っていると実際に起こった時に対処しやすいです。

trouble

予約がない(No reservation)

予約係とフロントの連携がうまくいっていない場合は、代表者の名前が間違っていないかを確認することで解決できることがあります。
無理であったときはスタッフから手配会社に直接連絡・確認をしてもらったり、連絡が取れない場合は、手配会社のサポートデスク等に連絡してください。

部屋がない(Overbook)

きちんと予約はしたはずなのに部屋がないと言われてしまうことがあります。
これは、ホテル側のチェックインの予測間違いです。理由はさまざまありますが、自然災害やメンテナンス、客室のトラブルなどで別室を用意しなければならない場合に、事前に予測していた部屋が足りなくなるということが起こってしまいます。この場合は、代わりの同等以上のホテルを用意してくれるはずですので、冷静にホテル側と交渉し、解決しましょう。

追加請求(Double charges)

ホテル側から追加請求をされることがあります。
料金が支払われていないと言われた場合は、ホテルを予約した際の領収書を見せて、支払い済みであることを証明し、伝えてください。領収書に含まれていない食事代や電話代の支払保証のために、デポジットとしてチェックイン時に請求されることがあります。このように、追加支払が生じた場合にはここから精算され、差額の徴収や返金などがなされます。ホテルに宿泊する際にクレジットカードを提示した場合、「追加徴収の代金があった場合には、クレジットカードで支払います」という書類にサインしていることがあり、後から正式なクレジットカードでの支払いが行われることもあります。請求書などはしっかりと確認して、間違っている場合はすぐに修正してもらいましょう。

関連記事