ウィークリーホテル小倉|北九州市小倉の格安宿泊ホテル|日本の旅館 | 歴史

北九州メディアドーム まで徒歩わずか3分!小倉駅までお車で6分!北九州総合体育館までお車で15分!
三萩野庭球場まで徒歩3分!大会・合宿等の宿泊先にどうぞ!

TEL: 093-383-5500
FAX: 093-383-5501

〒802-0016 福岡県北九州市
小倉北区宇佐町2-11-22

Check-in 17:00 / Check-out 10:00

日本の旅館 | 歴史


日本の旅館の歴史について紹介していきます。


旅館

旅館の歴史

旅館の歴史は古く、奈良時代から始まっているそうです。当時の旅は野宿をして旅をされていました。
道ばたで命を落とす人も多く命がけです。それを改善する為に旅館が誕生しました。旅館を考えたのは僧侶でした。平安時代は寺院なども、宿泊施設として利用されていたそうです。

身分によって宿泊できない

現代では、お金を払えば誰でも旅館やホテルに宿泊できるようなシステムです。ですが、昔は旅館に泊まることができる人は身分が高い人ではないと宿泊できなかったそうです。

江戸時代の身分制度は、えた・ひにんがあります。身分については、士農工商の序列ですが、実際は、士・工・商・農が正しいそうです。この時代に一番に苦労したのが、農民でした。

江戸時代で旅館が変化していく

旅館文化の歴史は、江戸時代になって大きく変化していきました。江戸幕府により参勤交代の法令で、多くの人が旅をすることになり、それによって旅館の需要が必然と増えてきました。旅館が大きく発展していくきっかけになったのがその頃です。

参勤交代とは、人によっては懐かしい響きだと思います。参勤交代を制度化したのは徳川3代将軍の徳川家光。この制度の目的は諸大名に出費させて、勢力の拡大を防ぐものです。

参勤交代が期日など期間があるそうです。その他にも、偶数年と奇数年というグループにわけられていたそうです。大名同士が江戸で談合するのを防ぐ為にグループにわけたそうです。

関連記事