ウィークリーホテル小倉|北九州市小倉の格安宿泊ホテル|日系ホテルの特徴|外資系ホテルとの違いとは

北九州メディアドーム まで徒歩わずか3分!小倉駅までお車で6分!北九州総合体育館までお車で15分!
三萩野庭球場まで徒歩3分!大会・合宿等の宿泊先にどうぞ!

TEL: 093-383-5500
FAX: 093-383-5501

〒802-0016 福岡県北九州市
小倉北区宇佐町2-11-22

Check-in 17:00 / Check-out 10:00

日系ホテルの特徴|外資系ホテルとの違いとは


日系ホテルの特徴

帝国ホテル、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニが「御三家」と呼ばれ始めたのは

1970年代以降で、特にバブルのころに広まった呼称です。

90年代に入り、パークハイアットやウェスティンといった外資系ホテルが進出、

フォーシーズンズホテル椿山荘と合わせて「・御三家」と言われ、

07年に開業ラッシュとなった「ホテル2007年問題」以降、

マンダリンオリエンタル東京、ザ・リッツ・カールトン東京、

ザ・ペニンシュラ東京が「新・御三家」と称されるようになりました。

外資系への注目が高まっておりますが、日本にも素晴らしいホテルが沢山あります。

このページでは、日本のホテルの特徴をお伝えしていきます。

 

room

老舗ならではの安心感

御三家と呼ばれている帝国ホテル(1890年開業)、ホテルオークラ東京(1962年開業)、

ホテルニューオータニ(1964年開業)は、1990年代から増え始めた外資系に比べ、

それぞれ古くからある歴史のあるホテルです。

多くの著名人や財界人に愛されており、かの有名店久兵衛など、日本の誇るレストランも入店しています。

 

数多くのサービスを発祥

日本のトップホテルである帝国ホテルは、下記のような数多くのホテルサービスを発祥しています。

今では当たり前になっているものも多いですが、当時は珍しかったようです。

  • ホテル内に郵便局を設置
  • ランドリーサービス
  • ホテルウェディング
  • ホテル内にアーケードのショッピング街
  • ビュッフェ形式のレストラン

 

日本ならではのおもてなしの心

日系ホテルと外資系ホテルとの違いは、運営が直営方式だということ。

特に帝国ホテルはハウスキーピングまで外注を使わず自前で行っており、

ディテールにまできめ細かく目を行き届かせています。

帝国ホテルの一番の特徴は、そのサービスにあります。

帝国ホテルのサービスは長年をかけて従業員がお客様のためを思い、考え、つくり上げてきたもの。

サービスマニュアルというと、型通りの接客を行うツールになりがちですが、

帝国ホテルのサービスには根底に「おもてなし」の心がある。

そこには、いかに多く集客するかといった発想はありません。

決して派手なサービスではありませんが、

この「おもてなし」の心が訪日外国人の心をつかみ、リピーターを増やしています。

 

世代を越えて愛されるホテル

日系ホテルの設備にはプールや日本庭園など、

世代ごとに楽しめるものがいろいろあり、

そういうものがまるで一つの街のように揃っているというのは強みではないかと思います。

三世代が集まって一緒に利用するお客様の割合も非常に多く、

若い人たちだけであればオープンしたばかりの設備が真新しいホテルを利用されるとしても、

特にお正月やお盆、ゴールデンウイークの時期など、三

世代の家族が揃うときには日系ホテルを利用しようという方も多いのが特徴です。

関連記事